少年野球を楽しもう⚾

少年野球を、子供と一緒に楽しみたいお母さん向けに、分かりやすくコメントをしていきます!

【少年野球】グローブへのブラッシング(オイル塗布後)

グローブの手入れで最も簡単で効果もあると考えている、ブラッシングについて説明してみます。

オイルのつけすぎに注意する

グローブの手入れ、特に小学生が手入れする場合に注意をしたいのが「オイルのつけすぎ」です。

ブログ上段の写真では、オイルをつけすぎていて、まだ白い固形部分が残っています。

オイルのつけすぎのデメリットは

  • グローブが重くなる
  • 残ったオイルが泥と結合し、「汚れのこびり付き」につながる

になります。

オイル塗布後のブラッシング効果

デメリットの多いオイルのつけすぎを避けるためには、薄くオイルを塗布することも大事ですが、なかなか適量を塗布することは難しいです。

そのため、オイル塗布後にブラッシングを行うことで、

  • グローブを磨きつつ、
  • 余分なオイルを落とす
  • オイルがまんべんなく塗布される

ことができます。

ブラッシングするためのブラシ

ブラッシングするためには、ブラシが必要です。

野球用のブラシは、「汚れ落とし」と「仕上げ」の2つの用途があります。

  • 汚れ落とし:豚毛
  • 仕上げ:馬毛

となっています。

※こだわりが強くなければ、使い分ける必要はないと考えてます。

高価(1.5万円以上)なグローブの手入れとしてのブラッシング

ミズノ:グローバルエリート、SSK:プロエッジ、ゼット:プロステイタス、アシックス:ゴールドステージなど、各メーカーでの上位グローブは、使用されている革が良質のです。
そのためブラッシングの効果が出やすく、特に仕上げとしてのブラッシングによる光沢が出やすいため、オススメです。

まとめ

グローブの手入れで避けたいことはオイルのつけすぎです。

オイル塗布後にブラッシングすることで、オイルのつけすぎを防ぎ、光沢も出るためオススメです。

www.89pspot.com

〈この記事について〉
私自身の指導者経験から、少年野球を応援するお母さんの目線での記載になっていますので、野球に詳しい方の理解と異なる場合があります。